テオドール・リットとは?

テオドール・リット(Theodor Litt、1880年12月27日 - 1962年7月16日)は、ドイツの教育学者で、同時に哲学者。ヴィルヘルム・ディルタイの流れを汲む。思想的には、ヘーゲル主義者。特に、20世紀末のドイツの教育学を主導したヴォルフガンク・クラフキ クラフキ(Wolfgang Klafki)に大きな影響を与えたことでも知られる。ライン河畔のデュッセルドルフの生まれ。
1899年、ケルン大学に入学。古典語、歴史と哲学を学び、1904年古典文献学で学士、第一回目の国家試験を合格。その後、教員候補生、ケルンで高等学校の教員をした後、1919年ボン大学で員外教授。そして、文化教育学の泰斗で、ナチスの迫害にも屈しなかったエドゥアルト・シュプランガー シュプランガーの後任としてライプツィヒ大学で哲学と教育学の教授に就任する。1937年自ら希望して退職。1941年講演活動も禁止され、1946年一時再度、講義も禁止、1947年は、ライプツィヒとボンの間を行き来し、1952年、最終的に大学の職を辞した。1962年ボンで亡くなっている。学者としての位置づけに加えて、ナチスに節を曲げなかった潔さは、戦後のドイツでは、学者としての範を為すものとみなされた。

テオドール・リットの詳細

テオドール・リット人気商品

現代社会と教育の理念

現代社会と教育の理念

価格:在庫切れ
オススメ度:

技術的思考と人間陶冶

技術的思考と人間陶冶

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


テオドール・リットの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵