トーマス・ヒル・グリーンとは?

トーマス・ヒル・グリーン(Thomas Hill Green、1836年4月7日 - 1882年3月15日)は、イギリス・スコットランドの哲学者。イギリスにおけるヘーゲル主義者(観念論哲学)の代表的な存在としてしられ、イギリス哲学の伝統といえる経験論に対向していった。また自由を放任されることによってではなく自己実現によって規定することで、公共性や社会政策と自由主義とを統一的に理論付け、当時の自由党に対して自由放任主義の放棄を主張し、現在の自己決定と公正を重視する「リベラル」な思想への自由主義の変化の源泉のひとつとなった。
イギリスの哲学者 くりいん とおます ひる
Thomas Hill Green
et:Thomas Hill Green

トーマス・ヒル・グリーンの詳細

トーマス・ヒル・グリーン人気商品

フロム・ザ・グリーン・ヒル

フロム・ザ・グリーン・ヒル

価格:在庫切れ
オススメ度:


トーマス・ヒル・グリーンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵