フランチェスコ・デ・サンクティスとは?

フランチェスコ・デ・サンクティス (Francesco de Sanctis,1817年3月28日-1883年12月29日)は、イタリアの美学者、文学研究者。
南イタリア・アヴェーリア州のモルラ・イルピーナという村に生まれる。早くからナポリに出て有名な文学者プオーティの塾に学ぶ。1848年の民族解放の反乱がナポリで勃発したときに、教え子とともに乱に参加して逮捕され、1850年から3年間投獄される。ナポリ王国から追放され、一時トリノへ避難する。1855年から論文を各誌に投稿し、トリノ大学で「ダンテ講義」を行う。またこの年、ロマン派の巨匠マンゾーニに会う。マンゾーニはデ・サンクティスの批評活動が美学の改革や政治覚醒に寄与するものとして高く評価していた。1858年から招かれたチューリッヒ工科大学で文学を講じる。当時の同僚としてブルクハルトがいる。1860年ガリバルディのナポリ到着後、直ちにアヴェーリア州の知事に、ついで教育長官に任じられる。ナポリ大学の制度改革に力を注ぎ、ベルトランド・スパヴェンタなどを新しく教授に任じた。1862年までの文相時代では、自由な教育の必要性、科学や真実を追究するための偏見のない学問の場の提供を目的として活動し、イタリア教育界に多大な影響を残した。1863年から主著『イタリア文学史 Storia della letteratura italiana』を計画し1871年に完成。そのイタリア文学史は、ラブリオーラやベネデット・クローチェ クローチェ、グラムシをはじめとした次世代にとって重要な古典となった。その年からナポリ大学の比較文学の教授となり、フォスコロ、パリーニ、レオパルディ、マンゾーニなどを講じた。ナポリで永眠。

フランチェスコ・デ・サンクティスの詳細

フランチェスコ・デ・サンクティスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵