ベルトランド・スパヴェンタとは?

ベルトランド・スパヴェンタ(Bertrand Spaventa, 1817年6月27日-1883年2月20日)はイタリアの哲学者。
ナポリ大学教授(哲学)。
ドイツ観念論の中でも特にヘーゲル哲学をイタリアに移植して新ヘーゲル主義の一端を担い、アントニオ・ラブリオーラ、ベネデット・クローチェ、ジョヴァンニ・ジェンティーレらに大きな影響を与えた。
カントの哲学  La filosofia di Kant、1860年
観念論と実在論 Idealismo e realismo,1874年
倫理の原理   Principii di etica,1904年
イタリアの哲学者 すはへんたへるとらんと

ベルトランド・スパヴェンタの詳細

ベルトランド・スパヴェンタの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵