リヒャルト・クローナーとは?

リヒャルト・クローナー(Richard Kroner,1884年3月8日-1974年11月2日)は、ドイツの哲学者。新ヘーゲル主義の代表的な人物として知られている。イマヌエル・カント カントやゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲルなどのドイツ観念論の哲学研究で知られ、代表作『カントからヘーゲルまで』はドイツ観念論の思想史的特徴を論じた有名な著で、現在においてもドイツ観念論研究における重要な書として知られている。他、宗教哲学にも功績がある。
ブレスラウで生まれる。ユダヤ系の出身で父親はラビであった。若い頃からバールーフ・デ・スピノザ スピノザやカントに親しみ、高等学校卒業後、最初はブレスラウ大学ついでベルリン大学にて哲学を学ぶ。ベルリン大学ではゲオルク・ジンメルやヴィルヘルム・ディルタイの講義を受ける。さらに、ハイデルベルク大学に移り、当地でヴィルヘルム・ヴィンデルバントやクーノー・フィッシャーの講義を受ける。新カント派や新ヘーゲル主義が興隆してきた時代、クローナーもその影響を多大受けていた。さらに、フライブルク大学でハインリヒ・リッケルトの指導の元で研究を続け、1908年に学位取得。その後雑誌『ロゴス』の創刊に携わった。

リヒャルト・クローナーの詳細

リヒャルト・クローナー人気商品

ドイツ観念論の発展―カントからヘーゲルまで〈1〉

ドイツ観念論の発展―カントからヘーゲルまで〈1〉

価格:¥ 4,200
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

ドイツ観念論の発展―カントからヘーゲルまで〈2〉

ドイツ観念論の発展―カントからヘーゲルまで〈2〉

価格:¥ 4,725
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

自由と恩寵―実存的思索から信仰へ

自由と恩寵―実存的思索から信仰へ

価格:¥ 1,529
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


リヒャルト・クローナーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵