三浦梅園とは?

三浦梅園(みうら ばいえん、享保8年8月2日 (旧暦) 8月2日(1723年9月1日) - 寛政元年3月14日 (旧暦) 3月14日(1789年4月9日))は江戸時代の思想家、自然哲学者、本職は医者。豊後国(大分県国東市)の出身。諱は晋(すすむ)。
条理学と言われる独自の学問体系を築いた『玄語』が有名。主要著書としては、他に『贅語』『敢語』がある。これらは、梅園自身によって「梅園三語」と命名された。この三著作が梅園の思想の骨格をなすのである。このうち『贅語』と『敢語』は完成したが、『玄語』は37年の歳月を費やして、ついに完成できなかった。
「梅園三語」以外の著書には、詩学概論『詩轍』(してつ)、経済論『価原』、医学書『身生餘譚』『造物餘譚』などがある。

三浦梅園の詳細

三浦梅園人気商品

黒い言葉の空間―三浦梅園の自然哲学

黒い言葉の空間―三浦梅園の自然哲学

価格:在庫切れ
オススメ度:

三浦梅園 日本の名著 (20) (中公バックス)

三浦梅園 日本の名著 (20) (中公バックス)

価格:¥ 1,835
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

玄語図全影―三浦梅園手蹟依據 (1975年)

玄語図全影―三浦梅園手蹟依據 (1975年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


三浦梅園の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵