二宮尊徳とは?

二宮 尊徳(にのみや そんとく、天明7年7月23日 (旧暦) 7月23日(1787年9月4日) - 安政3年10月20日 (旧暦) 10月20日(1856年11月17日))は日本の江戸時代後期に「報徳思想」を唱えて、「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した農政家・思想家。通称は金次郎。ただし、「金治郎」の表記が正しい。諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓む。
相模国足柄上郡栢山村(現在の神奈川県小田原市栢山)に百姓利右衛門の長男として生まれる。当時の栢山村は小田原藩領であった。14歳で父利右衛門が死去、2年後には母よしも亡くなり、尊徳は伯父二宮万兵衛の家に預けられた。伯父の家で農業に励むかたわら、荒地を復興させ、また僅かに残った田畑を小作に出すなどして収入の増加を図り、20歳で生家の再興に成功する。この頃までに、身長が6尺(約180センチ強)を超えていたという伝承もある。

二宮尊徳の詳細

二宮尊徳人気商品

世界に誇る日本の道徳力―心に響く二宮尊徳90の名言

世界に誇る日本の道徳力―心に響く二宮尊徳90の名言

価格:¥ 1,890
オススメ度:
通常24時間以内に発送

二宮尊徳一日一言―心を耕し、生を拓く

二宮尊徳一日一言―心を耕し、生を拓く

価格:¥ 1,200
オススメ度:
通常24時間以内に発送

二宮金次郎の一生

二宮金次郎の一生

価格:¥ 1,995
オススメ度:
通常24時間以内に発送


二宮尊徳の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵