佐久間象山とは?

佐久間 象山(さくま しょうざん、男性、文化 (元号) 文化8年2月28日 (旧暦) 2月28日(1811年3月22日) - 元治元年7月11日 (旧暦) 7月11日(1864年8月12日))は、幕末期の兵学者・思想家。号の読みは「ぞうざん」とも。信州松代藩の下級武士の出。通称は修理、諱は国忠で、佐久間家は平姓だったので、象山の正式な名のりは、平国忠(たいら・の・くにただ),諱はのちには啓(ひらき)、字は子迪・子明と称した。
若年期に経学と数学を学ぶが、とりわけ象山は数学に興味を示し、熱心に学んだ。若年期に数学の素養を深く身に着けたことは、この後の彼の洋学吸収に大きく益したことは言を俟たないだろう。

佐久間象山の詳細

佐久間象山人気商品

評伝 佐久間象山〈下〉 (中公叢書)

評伝 佐久間象山〈下〉 (中公叢書)

価格:¥ 1,943
オススメ度:
通常24時間以内に発送

佐久間象山―幕末の明星

佐久間象山―幕末の明星

価格:¥ 1,680
オススメ度:
通常24時間以内に発送

日本の名著 (30)

日本の名著 (30)

価格:在庫切れ
オススメ度:


佐久間象山の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵