内村鑑三とは?

内村 鑑三 (うちむら かんぞう、男性、文久元年2月13日 (旧暦) 2月13日(1861年3月26日) - 1930年(昭和5年)3月28日) は、日本人のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。
高崎藩士内村宜之の長男として江戸小石川に生まれる。
東京英語学校に入学して3年後、北海道開拓にあたる技術者を急造する目的で設立された札幌農学校に1876年(17歳)、入学する。新渡戸稲造、宮部金吾らと同級生となった。内村ら(第二期生)が入学する前までに、農学校に教頭として在校していたウィリアム・スミス・クラーク("Boys be ambitious."「少年よ大志を抱け」)ということばで有名)ら、お雇い外国人の強い感化力によって第一期生は既にキリスト教に改宗していた。初めはキリスト教への改宗を迫る上級生に反抗していた内村も、ついにほとんど強制的に「イエス・キリスト イエスを信ずる者の契約」なる文書に署名させられる。改宗することによって、若い内村は神社を見るたびに頭を下げずに済むようになったことを喜んだ。1878年6月2日にはアメリカ合衆国 米国メソジスト メソジストキリスト教会のM.C.ハリスから洗礼を受ける。洗礼を受けた若いキリスト信者たちは、日曜日には自分たちで集会(「小さな教会」と内村は呼ぶ)を開き、幼いながらも真摯な気持ちで信仰と取り組んだ。そして、メソジスト メソジスト教会から独立した自分たちの教会を持つことを目標とするようになる。

内村鑑三の詳細

内村鑑三人気商品

代表的日本人 (岩波文庫)

代表的日本人 (岩波文庫)

価格:¥ 630
オススメ度:
通常24時間以内に発送

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

価格:¥ 483
オススメ度:
通常24時間以内に発送

余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)

余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)

価格:¥ 693
オススメ度:
通常24時間以内に発送


内村鑑三の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵