大川周明とは?

大川 周明(おおかわ しゅうめい、1886年12月6日 - 1957年12月24日)は、戦前の代表的な右翼思想家の一人。
山形県酒田市出身。荘内中学(現山形県立鶴岡南高等学校)、第五高等学校を経て、東京帝国大学文科大学卒(印度哲学専攻)。「特許植民会社制度の研究」で法学博士(1926年取得)。東亜経済調査局・満鉄調査部に勤務の後、拓殖大学教授。
大正・昭和期に、北一輝、満川亀太郎らと親交があり、猶存社、行地社、神武会を結成。三月事件・十月事件にも関与し、五・一五事件では禁錮5年の有罪判決を受け服役。
ルドルフ・シュタイナーの社会三層化論を日本に紹介した人物でもある(「三重国家論」として翻訳)。

大川周明の詳細

大川周明人気商品

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く

価格:¥ 1,680
オススメ度:
通常24時間以内に発送

大川周明 (岩波現代文庫)

大川周明 (岩波現代文庫)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送


大川周明の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵