大森荘蔵とは?

大森荘蔵(おおもりしょうぞう、男性、1921年8月1日-1997年2月17日)は、日本の哲学者。岡山県生まれ。1944年東京大学理学部物理学科を卒業後、1949年同大学文学部哲学科を卒業する。
1945年、海軍技術研究所三鷹実験所勤務。当初は物理学を志すも、科学における哲学的問題を問うため、哲学に転向。はじめ現象学などを学ぶが、満足せずアメリカに留学。ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン ウィトゲンシュタインの哲学や分析哲学をはじめとする現代英米圏の哲学から大きな影響を受ける。
帰国後、1953年、東京大学講師に就任。さらに留学後、助教授を経て、1966年、東京大学教養学部教授(科学史・科学哲学科)。これまでの日本の哲学研究が学説研究・哲学史研究などの文献学に偏りがちだったが、「哲学とは、額に汗して考え抜くこと」という言葉のもと、60年代以降に大学で学んだ人たちに直接・間接に大きな影響を与え、中島義道ら現在第一線で活躍中の数多くの日本の哲学者たちを育てることとなった。1976年、東京大学教養学部長就任。翌年、辞任。1982年、放送大学学園教授。1983年、放送大学副学長就任。1985年辞任。

大森荘蔵の詳細

大森荘蔵人気商品

大森荘蔵 -哲学の見本 (再発見日本の哲学)

大森荘蔵 -哲学の見本 (再発見日本の哲学)

価格:¥ 1,365
オススメ度:
通常24時間以内に発送

流れとよどみ―哲学断章

流れとよどみ―哲学断章

価格:¥ 1,890
オススメ度:
通常24時間以内に発送

知の構築とその呪縛 (ちくま学芸文庫)

知の構築とその呪縛 (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 924
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


大森荘蔵の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵