契沖とは?

契沖(けいちゅう、1640年(寛永17年) - 1701年4月3日(元禄14年2月25日 (旧暦) 2月25日))は、尼崎市 尼ケ崎で生まれた。江戸時代中期の真言宗の僧であり、和学者(国学者)。俗姓は下川氏、字は空心。祖父下川元宜は加藤清正の家臣であったが、父元全は尼崎藩士から牢人となる。
契沖は、幼くして大坂今里の妙法寺の丰定(かいじょう)に学んだ後、高野山で阿闍梨の位をえる。ついで大坂生玉(いくたま)の曼陀羅院の住持となり、その間下河辺長流と交流するが、俗務を嫌い畿内を遍歴して高野山に戻る。その後、和泉国池田万町の伏屋重賢のもとで、日本の古典を数多く読んだ。妙法寺住持分を経て、晩年は摂津国高津の円珠庵で過ごした。

契沖の詳細

契沖人気商品

漫吟集竜公美本〈久〉 (1971年)

漫吟集竜公美本〈久〉 (1971年)

価格:在庫切れ
オススメ度:

契沖全集〈第11巻〉名所研究 (1973年)

契沖全集〈第11巻〉名所研究 (1973年)

価格:在庫切れ
オススメ度:

契沖全集〈第10巻〉語学 (1973年)

契沖全集〈第10巻〉語学 (1973年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


契沖の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵