安藤昌益とは?

安藤昌益(あんどう しょうえき、元禄16年(1703年)-宝暦12年10月14日 (旧暦) 10月14日(1762年11月29日))は、江戸時代中期の医者・思想家。秋田藩出身。
陸奥国八戸市 八戸で開業医となるが、宝暦の頃、出羽国大館市 大館に帰郷。
身分・階級差別を否定して、全ての者が労働に携わるべきであると主張した。
特に著書『自然真営道』の内容は、共産主義や重農主義 農本主義、エコロジーに通じる考えとされているが、アナキズム 無政府主義(アナキズム)の思想にも関連性があるという、間口の広さが見受けられる。発見者・狩野亨吉をして「狂人の書」と言わしめ、ウラジーミル・レーニン レーニンをもうならせたというすごい内容である。

安藤昌益の詳細

安藤昌益人気商品

統道真伝 上 (1)

統道真伝 上 (1)

価格:在庫切れ
オススメ度:

安藤昌益の闘い (1978年)

安藤昌益の闘い (1978年)

価格:在庫切れ
オススメ度:

安藤昌益全集〈第1巻〉 (1982年)

安藤昌益全集〈第1巻〉 (1982年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


安藤昌益の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵