岸田秀とは?

岸田 秀(きしだ しゅう 1933年12月25日-)は、心理学者、精神分析学者、思想家、エッセイスト、和光大学名誉教授である。著書は『ものぐさ精神分析』など多数あり、週刊誌等に対談・エッセイなどで登場することも多い。
香川県善通寺市に生まれ、香川県立丸亀高等学校を経て早稲田大学文学部心理学科を卒業する。早稲田大学大学院を修了して、ストラスブール大学大学院留学、その際ストラスブール大学大学院を「卒業」したと思っていたが、後で博士号を取っていることを確認できなかったという。また学術論文を書いていないため、文部省から精神分析学 精神分析に関して大学で講義をおこなう資格の認定を取り消されることになった。1972年から2004年まで和光大学教授を務めた。1978年『ものぐさ精神分析』を出版、そのなかで「唯幻論」を提唱し話題となる。学者・研究者としてどの学会にも属していない。

岸田秀の詳細

岸田秀人気商品

ものぐさ精神分析 (中公文庫)

ものぐさ精神分析 (中公文庫)

価格:¥ 920
オススメ度:
通常24時間以内に発送

嘘だらけのヨーロッパ製世界史

嘘だらけのヨーロッパ製世界史

価格:¥ 1,680
オススメ度:
通常24時間以内に発送

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)

価格:¥ 900
オススメ度:
通常24時間以内に発送


岸田秀の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵