平田篤胤とは?

平田 篤胤(ひらた あつたね、安永5年8月24日 (旧暦) 8月24日(1776年10月6日) - 天保14年閏9月11日 (旧暦) 9月11日(1843年11月2日))は、江戸時代後期の国学者・神道家。秋田久保田の城下なる下谷地町に佐竹家の藩士大和田清兵衛の子息として生誕す。幼名正吉。寛政2年元服してからは胤行と名乗り、享和年間以降は篤胤と称す。号は気吹舎(いぶきのや)、家號を真菅乃屋(ますげのや)。医者としては、玄琢を使っている。死後、神霊能真柱大人(かむたま の みはしら の うし)の名を白川家より贈られている。
秋田藩士の四男として生まれ、成人してから備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。本居宣長らの後を引き継ぐ形で儒教・仏教・仏教と習合した神道を批判し、やがてその思想は水戸学同様尊皇攘夷の支柱となり、倒幕後の明治維新変革期の原動力ともなった。その思想は後の神仏分離や廃仏毀釈にも影響を与えた。又篤胤は机上の文献研究を超えた独自の神学を打ち立て、国学に新たな流れをもたらした。神や異界の存在に大きな興味を示し、死後の魂の行方と救済をその学説の中心に据えた。また、篤胤の独自の宗教観に基づき、当時としては珍しく仏教・儒教・道教・蘭学・キリスト教など、さまざまな宗教も進んで研究分析し八家の学と自ら称していたようで、ラテン語やキリスト教の教義まで吸収していたようである。関心は広く、暦 暦学・易学・兵法 軍学などにも精通していた。

平田篤胤の詳細

平田篤胤人気商品

霊の真柱 (岩波文庫)

霊の真柱 (岩波文庫)

価格:¥ 588
オススメ度:
通常24時間以内に発送

平田篤胤 知のネットワークの先覚者 別冊太陽

平田篤胤 知のネットワークの先覚者 別冊太陽

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常24時間以内に発送

古史徴開題記 (岩波文庫)

古史徴開題記 (岩波文庫)

価格:¥ 1,155
オススメ度:
通常24時間以内に発送


平田篤胤の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵