廣松渉とは?

廣松 渉(ひろまつ わたる、男性、1933年8月11日 - 1994年5月22日)は、日本の哲学者、東京大学名誉教授。
福岡県柳川市蒲池出身。
東京大学文学部哲学科卒。同大学院博士課程修了。筆名は門松暁鐘など。
1946年、日本民主青年同盟 日本青年共産同盟に加盟。 1949年4月、高校進学と同時に日本共産党に入党し、1950年の50年分裂では国際派 (日本共産党) 国際派に所属し、 1951年に国際派の「全国統一会議」が解散した後は、党に戻らず全日本学生自治会総連合(全学連)などで活動。高校中退、大検で東大に入学。
1955年7月の日共第六回全国協議会(六全協)を受け復党するも、翌1956年に出版した共著書が問題とされ離党した。

廣松渉の詳細

廣松渉人気商品

今こそマルクスを読み返す (講談社現代新書)

今こそマルクスを読み返す (講談社現代新書)

価格:¥ 777
オススメ度:
通常24時間以内に発送

哲学入門一歩前―モノからコトへ (講談社現代新書)

哲学入門一歩前―モノからコトへ (講談社現代新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送

廣松渉-近代の超克

廣松渉-近代の超克

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送


廣松渉の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵