柳田国男とは?

『柳田國男』より : 柳田 國男(やなぎた くにお、男性、1875年7月31日 - 1962年8月8日)は、日本の民俗学を学問として構築した。農政学を学び、のち民俗学者となった。(なお研究者の間でも間違えられることがあるが、柳田の読みは「やなぎだ」ではなく「やなぎた」である)
:改めて言うまでもないが、ノンフィクション作家の柳田邦男(やなぎだ くにお)とは別人である。
兵庫県神崎郡 (兵庫県) 神崎郡福崎町に儒者・松岡賢治 たけの六男としてうまれた。1887年茨城県利根町で医院を開いていた兄、鼎(かなえ)のもとで2年間を過ごす。私立郁文館学園 私立郁文館、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、東京帝国大学法科大学政治科卒業。農政に深い関心を寄せ、卒業後は農商務省に入省。その後、法制局、宮内省を経て、貴族院書記官長。1919年に退官。

柳田国男の詳細

柳田国男人気商品

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

価格:¥ 500
オススメ度:
通常24時間以内に発送

遠野物語 (集英社文庫)

遠野物語 (集英社文庫)

価格:¥ 540
オススメ度:
通常24時間以内に発送

日本の昔話 (新潮文庫)

日本の昔話 (新潮文庫)

価格:¥ 380
オススメ度:
通常24時間以内に発送


柳田国男の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵