森村進とは?

森村進(もりむら すすむ、1955年 - )は法哲学者、一橋大学法学部教授。1978年東京大学法学部卒業後官庁に就職するも、退職し東京大学法学部助手に就任。碧海純一らの指導を受ける。
初期においては古代ギリシア人の刑罰観についての研究を行っていたが、現在では法学と倫理学の接点やリバタリアニズムについて研究する。
『ギリシア人の刑罰観』(木鐸社, 1988年)
『権利と人格――超個人主義の規範理論』(創文社, 1989年)
『財産権の理論』(弘文堂, 1995年)
『ロック所有論の再生』(有斐閣, 1997年)
『自由はどこまで可能か――リバタリアニズム入門』(講談社[講談社現代新書], 2001年)

森村進の詳細

森村進人気商品

自由はどこまで可能か―リバタリアニズム入門 (講談社現代…

自由はどこまで可能か―リバタリアニズム入門 (講談社現代…

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送

デジタル一眼レフ・30日でマスターできる―1日1テーマで確…

デジタル一眼レフ・30日でマスターできる―1日1テーマで確…

価格:¥ 1,575
オススメ度:
通常24時間以内に発送

マスタープランと地区環境整備―都市像の考え方とまちづく…

マスタープランと地区環境整備―都市像の考え方とまちづく…

価格:¥ 3,885
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


森村進の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵