渡辺崋山とは?

渡辺 崋山(わたなべ かざん、男性、寛政5年9月16日 (旧暦) 9月16日(1793年10月20日) - 天保12年10月11日 (旧暦) 10月11日(1841年11月23日))は、江戸時代後期の政治家・画家。40歳の時、三河国田原藩(現在の愛知県田原市域にほぼ当たる)家老。通称は登(のぼり・ただし一部の絵には「のぼる」と揮毫)、諱は定静(さだやす)。号ははじめ華山で、35歳ころに崋山と改めた。
田原藩重役である父・渡辺定通と母・栄の長男として生まれる。重役の家に生まれたものの、当時の田原藩は財政難を極めて俸禄はわずかしか支払われず、加えて父定通が病気がちであったために、幼少期は貧窮の中に送った。弟や妹は次々に奉公に出され、この悲劇が、のちの勉学に励む姿とあわせて太平洋戦争以前の修身の教科書に掲載されていた。こうした中、まだ少年の崋山は生計を助けるために得意であった絵を売って、生計を支えるようになった。のちに谷文晁(たにぶんちょう)に入門し、絵の才能は大きく花開くこととなり、20代半ばには画家として著名となり、生活にも苦労しないようになった。一方で学問にも励み、鷹見星皐、後に松崎慊堂から儒学(朱子学)を学び、昌平坂学問所に通い佐藤一斎からも学んでいる。また、佐藤信淵からは農学を学んだ。

渡辺崋山の詳細

渡辺崋山人気商品

渡辺崋山

渡辺崋山

価格:¥ 2,730
オススメ度:
通常24時間以内に発送

日本の名著 (25)

日本の名著 (25)

価格:¥ 1,264
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

渡辺崋山の人と芸術 (1962年)

渡辺崋山の人と芸術 (1962年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


渡辺崋山の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵