石田梅岩とは?

石田梅岩(いしだ ばいがん、貞享2年9月15日 (旧暦) 9月15日(1685年10月12日) - 延享元年9月24日 (旧暦) 9月24日(1744年10月29日))は江戸時代の思想家。石門心学の開祖。名は興長。通称、勘平。
丹波国桑田郡東懸村に、百姓の次男として生まれる。1695年、11歳で呉服屋に丁稚奉公に出て、その後一旦故郷へ帰る。1707年、23歳の時に再び奉公に出て働く。1727年に出逢った小栗了雲に師事し、借家の自宅で無料講座を開き、石門心学と呼ばれる思想を説いた。
その思想は、儒教では卑しい職業と考えられてきた商業を擁護して商人の営利活動や勤勉・倹約を奨励するという、当時としては珍しい考え方だった。1744年、60歳で死去。

石田梅岩の詳細

石田梅岩人気商品

企業倫理とは何か 石田梅岩に学ぶCSRの精神 (PHP新書)

企業倫理とは何か 石田梅岩に学ぶCSRの精神 (PHP新書)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常24時間以内に発送

都鄙問答 (岩波文庫 青 11-1)

都鄙問答 (岩波文庫 青 11-1)

価格:¥ 483
オススメ度:
通常24時間以内に発送

石田梅岩のことば―素読用 (サムライスピリット 4)

石田梅岩のことば―素読用 (サムライスピリット 4)

価格:¥ 650
オススメ度:
通常4~5日以内に発送


石田梅岩の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵