竹田青嗣とは?

竹田 青嗣(たけだ せいじ、1947年10月29日-)は、大阪府出身の、在日朝鮮人の文芸評論家。通常用いている朝鮮名は、姜修次(カン・スチャ、강수차)。戸籍名は、姜正秀(カン・ジョンス、강정수)「竹田青嗣」とは、太宰治の小説「竹青」から付けたペンネームである。日本名ではない。早稲田大学政治経済学部卒業。明治学院大学国際学部教授を経て、現在、早稲田大学国際教養学部教授。
独学で哲学、現代思想を学び、特にエドムント・フッサールの現象学に関心を持つ。哲学についての著述はフッサールに関係したものが多いが、一般的に難解に陥りがちなこうした哲学を噛み砕き、分かり易く読者に提供することに長けている。そのため哲学的著述も専門的なものではなく、読者を限定せず、幅広い読者層を対象とした入門書的なものが多い。

竹田青嗣の詳細

竹田青嗣人気商品

ニーチェ入門 (ちくま新書)

ニーチェ入門 (ちくま新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送

自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)

自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 777
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

プラトン入門 (ちくま新書)

プラトン入門 (ちくま新書)

価格:¥ 945
オススメ度:
通常24時間以内に発送


竹田青嗣の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵