藤田東湖とは?

藤田 東湖(ふじた とうこ、1806年5月4日(文化 (元号) 文化3年3月16日 (旧暦) 3月16日) - 1855年11月11日(安政2年10月2日 (旧暦) 10月2日))は、江戸時代後期の幕末に活躍した水戸藩の政治家、水戸学藤田派の学者。東湖神社の祭神。戸田忠太夫と水戸藩の双璧をなし、徳川斉昭の腹心として水戸の両田と称された。また、水戸の両田に武田耕雲斎を加え、水戸の三田とも称される。特に水戸学の大家として著名であり、全国の尊皇志士に大きな影響を与えた。位階は正四位 贈正四位。
「東湖」は号で、生家の東に千波湖があったことにちなむという(千波湖は後に東側を中心に埋め立てが進み、元の3分の1ほどの大きさになったため、現在の生家跡から東に湖は見えない)。名は彪(たけき)、字を斌卿(ひんけい)と言い、虎之助、虎之介、誠之進の通称を持つ。

藤田東湖の詳細

藤田東湖人気商品

日本の名著 (29) (中公バックス)

日本の名著 (29) (中公バックス)

価格:¥ 1,575
オススメ度:
通常24時間以内に発送

藤田東湖の生涯 (水戸の人物シリーズ)

藤田東湖の生涯 (水戸の人物シリーズ)

価格:¥ 1,365
オススメ度:
通常2~3日以内に発送

日本の名著〈29〉藤田東湖 (1974年)

日本の名著〈29〉藤田東湖 (1974年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


藤田東湖の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵