酒井直樹とは?

酒井直樹(さかい なおき, 1946年-)は、コーネル大学人文学部教授。専門は、日本思想史、比較文学。
神奈川県生まれ。東京大学文学部卒業後、シカゴ大学大学院で学び、1983年に博士号取得。シカゴ大学助教授、コーネル大学准教授を経て、現職。
”Voices of the Past: the Status of Language in Eighteenth-century Japanese Discourse”, (Cornell University Press, 1991).(川田潤・齋藤一・末廣幹・野口良平・浜邦彦訳『過去の声――18世紀日本の言説における言語の地位』以文社, 2002年)
『死産される日本語・日本人――「日本」の歴史-地政的配置』(新曜社, 1996年)
『日本思想という問題――翻訳と主体』(岩波書店, 1997年)

酒井直樹の詳細

酒井直樹人気商品

リップスティック-墜ちていく女

リップスティック-墜ちていく女

価格:在庫切れ
オススメ度:

過去の声―一八世紀日本の言説における言語の地位

過去の声―一八世紀日本の言説における言語の地位

価格:¥ 7,140
オススメ度:
通常24時間以内に発送

死産される日本語・日本人―「日本」の歴史‐地政的配置

死産される日本語・日本人―「日本」の歴史‐地政的配置

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常24時間以内に発送

日本思想という問題―翻訳と主体

日本思想という問題―翻訳と主体

価格:在庫切れ
オススメ度:


酒井直樹の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵