青木昆陽とは?

青木昆陽(あおき こんよう、元禄11年5月12日 (旧暦) 5月12日(1698年6月19日) - 明和6年10月12日 (旧暦) 10月12日(1769年11月9日))は、江戸時代中期の儒学者、蘭学者である。
江戸日本橋 (東京都) 日本橋小田原町(東京都中央区 (東京都) 中央区)の魚屋・佃屋半右衛門の1人息子として生まれ、京都市 京都の儒学者である伊藤東涯に私淑して儒学を学ぶ。享保18年(1733)江戸町奉行所与力加藤枝直の推挙により江戸町奉行大岡忠相に取り立てられ、享保20年(1735)『蕃薯考』(ばんしょこう)を発表した。
江戸幕府8代将軍徳川吉宗は、すでに西日本では飢饉の際の救荒作物として知られていた甘藷(サツマイモ)の栽培を昆陽に命じ、小石川植物園と下総国千葉郡馬加村(現在の千葉市花見川区幕張)と上総国山辺郡不動堂村(現在の千葉県山武郡九十九里町)とで試作させている。

青木昆陽の詳細

青木昆陽人気商品

芋奉行 青木昆陽

芋奉行 青木昆陽

価格:在庫切れ
オススメ度:

芋奉行 青木昆陽

芋奉行 青木昆陽

価格:在庫切れ
オススメ度:


青木昆陽の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵