高野長英とは?

高野 長英(たかの ちょうえい、文化 (元号) 文化元年5月5日 (旧暦) 5月5日(1804年6月12日) - 嘉永3年10月30日 (旧暦) 10月30日(1850年12月3日))は、江戸時代後期の医者・蘭学者である。通称は悦三郎、諱は譲(ゆずる)。号は瑞皐(ずいこう)。父は後藤実慶。養父は叔父・高野玄斎。その功績により1898年(明治31年)7月4日、位階 正四位を追贈される。
仙台藩の支藩、陸奥国胆沢郡水沢(現・岩手県奥州市)の留守氏 留守家の藩医出身。養父玄斎は江戸で杉田玄白に蘭法医術を学んだことから家に蘭書が多く、長英も幼いころから新しい学問を修めることに強い関心を持つようになった。文政3年(1820年)、江戸に赴き杉田伯元や吉田長淑に師事。この江戸生活で吉田長淑より才能を認められ、師の長の文字を貰い「長英」を名乗った。その後長崎にあったフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト シーボルトの鳴滝塾で医学・蘭学を学び、その抜きん出た学力から塾頭となった。ところが文政11年(1828年)、シーボルト事件が起き、二宮敬作や高良斎など主だった弟子も捕らえられて厳しい詮議を受けた。しかし、長英は巧みに逃れることができた。まもなく豊後国日田(現在の大分県日田市)の広瀬淡窓に弟子入りしたというが、異説もある。この間、義父玄斎が亡くなり、長英は故郷から盛んに帰郷を求められるが逡巡した挙句ついに拒絶、家督を捨て、同時に武士の身分を失った。

高野長英の詳細

高野長英人気商品

評伝高野長英―1804-50

評伝高野長英―1804-50

価格:¥ 3,465
オススメ度:
通常24時間以内に発送

日本の名著 (25)

日本の名著 (25)

価格:¥ 1,264
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

高野長英 (岩波新書)

高野長英 (岩波新書)

価格:¥ 662
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


高野長英の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵