円仁とは?

円仁(えんにん、延暦13年(794年) - 貞観 (日本) 貞観6年1月14日 (旧暦) 1月14日(864年2月24日))は、第3代天台座主。慈覚大師(じかくだいし)ともいう。入唐八家(最澄・空海・常暁・円行・円仁・恵運・円珍・宗叡)の一人。
下野国都賀郡壬生町、現在の壬生寺 (栃木県壬生町) 壬生寺の地に豪族壬生氏の子として生まれる。9歳で大慈寺に入って修行を始め、15歳で比叡山延暦寺に入り最澄より教えを受ける。
最後の遣唐使として唐に留学するが、目指す天台山へは旅行許可が下りず、五台山に修行の場を変えざるを得なかった。修行を終えた円仁は当時世界最大の都市にして最先端の文化の発信地でもあった長安へ足を伸ばしている。

円仁の詳細

円仁人気商品

入唐求法巡礼行記 (2) (東洋文庫 (442))

入唐求法巡礼行記 (2) (東洋文庫 (442))

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

円仁 唐代中国への旅―『入唐求法巡礼行記』の研究 (講談社…

円仁 唐代中国への旅―『入唐求法巡礼行記』の研究 (講談社…

価格:¥ 1,575
オススメ度:
通常24時間以内に発送

入唐求法巡礼行記 (1) (東洋文庫 (157))

入唐求法巡礼行記 (1) (東洋文庫 (157))

価格:¥ 2,625
オススメ度:
通常24時間以内に発送


円仁の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵