忍性とは?

忍性(にんしょう、建保5年7月16日 (旧暦) 7月16日(1217年8月19日) - 乾元2年7月12日 (旧暦) 7月12日(1303年8月25日))は、鎌倉時代の律宗の僧である。号は良観。父は伴貞行。大和国城下郡屏風里(現奈良県磯城郡三宅町)に生まれる。
16歳で大和国額安寺に入って出家。1239年に西大寺 (奈良市) 西大寺で叡尊の弟子となり、東大寺で受戒する。出家後、文殊信仰を学んだ。律宗の布教活動や、1240年に常施院を設け、ハンセン氏病患者らの救済などの慈善活動、悲田院を改修して非人救済を行うなどの社会事業を行う。
1252年には関東へ赴き、常陸国に住む。鎌倉の御家人や北条重時、北条実時ら北条氏の信頼を得て、1262年には鎌倉へ進出。北条重時の葬儀を司り、1267年には極楽寺を中心に活動を行う。師の叡尊を鎌倉へ招き、飯島からの関米徴収権や、大仏殿の管領権を持つ。日蓮などからは非難され、対立する。

忍性の詳細

忍性人気商品

忍性―慈悲ニ過ギタ (ミネルヴァ日本評伝選)

忍性―慈悲ニ過ギタ (ミネルヴァ日本評伝選)

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

叡尊・忍性 (人物叢書)

叡尊・忍性 (人物叢書)

価格:在庫切れ
オススメ度:

持戒の聖者 叡尊・忍性 (日本の名僧)

持戒の聖者 叡尊・忍性 (日本の名僧)

価格:¥ 2,730
オススメ度:
通常24時間以内に発送


忍性の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵