最澄とは?

最澄(さいちょう、男性、神護景雲元年8月18日 (旧暦) 8月18日(767年9月19日) - 弘仁13年6月4日 (旧暦) 6月4日(822年6月26日))は、平安時代の僧で、日本の天台宗を開く。近江国(滋賀県)滋賀郡古市郷(現在の大津市)に生れ、俗名は三津首広野(みつのおびとひろの)。
12歳のとき近江国分寺に入り、行表(ぎょうひょう)の弟子となり、14歳のとき国分寺僧補欠として得度し名を最澄と改めた。
19歳のとき(延暦4年(785年))、東大寺で具足戒を受ける。同年7月、比叡山に登り山林修行に入り、大蔵経を読破。
797年、内供奉(ないぐぶ)十禅師。
802年、高雄山寺(神護寺)法華会(ほっけえ)講師。入唐求法(にっとうぐほう)の還学生(げんがくしょう、短期留学生)に選ばれる。

最澄の詳細

最澄人気商品

最澄と空海―日本人の心のふるさと (小学館文庫)

最澄と空海―日本人の心のふるさと (小学館文庫)

価格:¥ 670
オススメ度:
通常24時間以内に発送

雲と風と―伝教大師最澄の生涯 (中公文庫)

雲と風と―伝教大師最澄の生涯 (中公文庫)

価格:¥ 900
オススメ度:
通常24時間以内に発送

最澄〈1〉

最澄〈1〉

価格:在庫切れ
オススメ度:


最澄の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵