無学祖元とは?

無学祖元(むがく そげん、嘉禄2年(1226年) - 弘安9年9月3日 (旧暦) 9月3日(1286年9月22日))は、中国明州慶元府(浙江省)出身の鎌倉時代の臨済宗の僧侶。諡は仏光禅師・円満常照国師。
日本に帰化して無学派(仏光派)の祖となる。字は子元。
1226年 明州慶元府の許家に生誕。
1237年 兄の仲挙懐徳の命で杭州の浄慈寺の北礀居簡のもとで出家。
1240年代 径山の無準師範に参じ、その法を嗣ぐ。
: この頃、石渓心月や虚堂智愚、物初大観、環渓惟一らを歴参する。
1262年 東湖の白雲庵に移転。
1275年 温州の能仁寺に元朝支配から避難、「臨剣の頌」を詠む。
: 乾坤孤筇を卓つるも地なし
: 喜び得ん、人も空、法もまた空なることを

無学祖元の詳細

無学祖元の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵