覚鑁とは?

覚鑁(かくばん、嘉保2年6月17日 (旧暦) 6月17日(1095年7月21日) - 康治2年12月12日 (旧暦) 12月12日(1144年1月18日))は、平安時代後期に活躍した真言宗の高僧で、真言宗中興の祖にして新義真言宗始祖(新義真言宗は、正確には覚鑁の死後80余年を経て僧正頼瑜(らいゆ)が大成したものであり、一般には頼瑜が同宗の開祖とする解釈であるが、頼瑜は覚鑁の学問体系を発展させ同宗を確立していったことから、覚鑁が新義真言宗の始祖であると言える)。諡号興教大師(こうぎょうだいし)。
平安時代後期の朝野に勃興していた念仏思潮を、真言教学においていかに捉えるかを理論化した。即ち、西方極楽教主阿弥陀如来とは、真言教主大日如来という普門総徳の尊から派生した別徳の尊であるとした。真言宗教典の中でも特に有名な密厳院発露懺悔文(みつごんいんほつろさんげのもん)、空の思想を表した月輪観(がちりんかん)の編者として有名。

覚鑁の詳細

覚鑁人気商品

大悲の海に―覚鑁上人伝

大悲の海に―覚鑁上人伝

価格:在庫切れ
オススメ度:

興教大師の生涯と思想

興教大師の生涯と思想

価格:¥ 1,835
オススメ度:
通常24時間以内に発送

大悲の海に 覚鑁上人伝

大悲の海に 覚鑁上人伝

価格:在庫切れ
オススメ度:


覚鑁の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵