高弁とは?

高弁(こうべん、承安3年1月8日 (旧暦) 1月8日(1173年2月21日) - 寛喜4年1月19日 (旧暦) 1月19日(1232年2月11日))は、鎌倉時代前期の華厳宗の僧。法諱は高弁、法号を明恵(みょうえ)という。明恵上人・栂尾上人とも呼ばれる。父は平重国。母は湯浅宗重の娘。紀伊国で生れた。
幼くして両親を失い、高雄神護寺に文覚の弟子上覚を師として出家。仁和寺・東大寺で真言密教や華厳を学び、将来を嘱望されたが俗縁を絶ち紀伊国有田郡白上や同国筏立に遁世した。釈迦への思慕の念が深く2度天竺(インド)へ渡ることを企画したが、春日明神の神託が在り断念した。1206年(建永元年)後鳥羽上皇から山城国栂尾(とがのお)を下賜されて高山寺を開山し、観行と学問にはげんだ。戒律を重んじ、念仏の信徒の進出に対抗し、顕密諸宗の復興に尽力した。『摧邪輪(ざいじゃりん)』『四座講式』の著作や、40年にも及ぶ観行での夢想を記録した『夢記』などがあり、弟子の筆記による『却廃忘記』など数多くの著書がある。和歌もよくし家集『明恵上人和歌集』がある。

高弁の詳細

高弁人気商品


高弁の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵