ジュリア・クリステヴァとは?

ジュリア・クリステヴァ(ユリア・クリステヴァ、Julia Kristeva、1941年6月24日 - )は、ブルガリア出身の文学理論家で、著述家、哲学者。ユダヤ人 ユダヤ系。1965年以降、パリに在住し、ここで活動している。1973年からパリ第7大学(ドゥニ・ディドロ)の教授。彼女の言語学や言語に関する著作は、文学論雑誌"Tel Quel"の共同編集者としての活動を通して、ポスト構造主義的な議論をその特徴としている。彼女は、取り分けフロイトやラカンの精神分析、ロシアの形式主義(彼女はその中で仲介者的な役割を演じていて、それによりミハイル・バフチンのフランスの知的シーンへの紹介者となった)やヘーゲル主義から影響を受けている。研究活動と平行して、一連の小説も発表している。

ジュリア・クリステヴァの詳細

ジュリア・クリステヴァ人気商品

恐怖の権力―アブジェクシオン試論 (叢書・ウニベルシタス)

恐怖の権力―アブジェクシオン試論 (叢書・ウニベルシタス)

価格:¥ 4,725
オススメ度:
通常24時間以内に発送

女の時間

女の時間

価格:¥ 2,625
オススメ度:
通常24時間以内に発送

クリステヴァ―ポリロゴス

クリステヴァ―ポリロゴス

価格:在庫切れ
オススメ度:


ジュリア・クリステヴァの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵