ルイ・アルチュセールとは?

ルイ・アルチュセール(Louis Althusser, 1918年10月19日 -1990年10月23日)は、フランスの構造主義的マルクス主義哲学者。
高等師範学校 (フランス) 高等師範学校(École Normale Supérieure)に入学するも兵役召集。
その後捕虜生活を経て、復学する。ガストン・バシュラールの指導のもとゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲルを研究。バシュラールのもとでの研究が後のアルチュセール的な認識論的切断を生み出す。
『マルクスのために』、『資本論を読む』によりカール・マルクス マルクス研究に新しい視点(認識論的切断や徴候的読解等)を導入しアルチュセール派を築く。
彼はマルクスだけではなくエピクロス、バールーフ・デ・スピノザ スピノザやニッコロ・マキャヴェッリ マキアヴェッリの研究にも新風を吹き込んだ。

ルイ・アルチュセールの詳細

ルイ・アルチュセール人気商品

再生産について―イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置

再生産について―イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置

価格:¥ 6,090
オススメ度:
通常24時間以内に発送

マルクスのために (平凡社ライブラリー)

マルクスのために (平凡社ライブラリー)

価格:¥ 1,631
オススメ度:
通常24時間以内に発送

アルチュセールの「イデオロギー」論 (プラチック論叢)

アルチュセールの「イデオロギー」論 (プラチック論叢)

価格:¥ 2,345
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ルイ・アルチュセールの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵