ロラン・バルトとは?

ロラン・バルト(Roland Barthes,1915年11月12日 - 1980年3月25日)はフランスの記号学者、思想家。高等研究実習院(École pratique des hautes études)教授、コレージュ・ド・フランス教授。
フェルディナン・ド・ソシュール ソシュール、ジャン=ポール・サルトル サルトルの影響を受け、エクリチュールについて独自の思想的立場を築いた。
歴史家にとどまらないミシュレの活動に着目した『ミシュレ』、「作者の死」の一編を収めた『物語の構造分析』、フランスのさまざまな文化・慣習を分析した『神話作用』、衣服などの流行を論じた『モードの体系』、バルザックの中編を過剰に詳細に分析した『S/Z』、自伝の形をとりながら自伝ではない『彼自身によるロラン・バルト』、写真を「プンクトゥム」という概念などで論じた遺作『明るい部屋』など、その活動は幅広い。

ロラン・バルトの詳細

ロラン・バルトの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵