カール・バルトとは?

カール・バルト(Karl Barth、 1886年5月10日 - 1968年12月10日)は、20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたスイスの神学者。バルトの思想は弁証法神学、あるいは危機神学と呼ばれる(バルト自身は自らの神学を「神の言葉の神学」と呼んでいる)。1934年バルメン宣言の起草者。
スイスのバーゼルで生まれ、ベルンで子供時代を過ごす。ベルン、ベルリン、テュービンゲン、マールブルク・アン・デア・ラーン マールブルクの各大学で学び、1910年にジュネーブで改革派教会副伝道師となり、1911年から1921年まで、アールガウ州ザーフェンヴィル村で改革派教会の牧師を務める。この間、1919年には『ローマ書』を発表して話題になる。1923年からゲッティンゲン大学、ミュンスター大学、ボン大学の神学教授を歴任するが、1935年にアドルフ・ヒトラー ヒトラーへの忠誠宣誓を拒否して、退職処分。その後、バーゼル大学の神学教授として、精力的に著作活動を展開する。

カール・バルトの詳細

カール・バルト人気商品

バルト 大空に向かって【日本語吹替版】

バルト 大空に向かって【日本語吹替版】

価格:在庫切れ
オススメ度:

バルト 大空に向かって (ベスト・ヒット・コレクション第1…

バルト 大空に向かって (ベスト・ヒット・コレクション第1…

価格:¥ 882
オススメ度:
通常3~4日以内に発送

カール・バルト著作集 13 (13)

カール・バルト著作集 13 (13)

価格:¥ 5,250
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

カール・バルト一日一章

カール・バルト一日一章

価格:在庫切れ
オススメ度:

使徒的人間―カール・バルト

使徒的人間―カール・バルト

価格:在庫切れ
オススメ度:


カール・バルトの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵