パウル・ティリッヒとは?

パウル・ティリッヒ(Paul Johannes Tillich、1886年8月20日 - 1965年10月22日)は20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたドイツのプロテスタント神学者。
組織神学、宗教社会主義の思想で知られる。カール・バルトと並ぶ神学者であり、その影響は広く哲学や思想、美術史に及ぶ。
ベルリン近郊の村で牧師の子として誕生。ベルリン大学などで神学・哲学を学ぶ。
1907年にエマヌエル・ヒルシュと知り合い、交友を始めるが、社会主義の深化を目指す宗教社会主義を展開したティリッヒに対し、ヒルシュは親国家社会主義ドイツ労働者党 ナチスの姿勢を鮮明にし、両者は激しい論争を繰り広げた。
アドルフ・ヒトラー ヒトラーが政権を握ったのち、迫害されアメリカに亡命・帰化。ユニオン神学校やハーヴァード大学などで教授を務めた。

パウル・ティリッヒの詳細

パウル・ティリッヒ人気商品

生きる勇気 (平凡社ライブラリー)

生きる勇気 (平凡社ライブラリー)

価格:在庫切れ
オススメ度:

組織神学 (第2巻)

組織神学 (第2巻)

価格:¥ 3,780
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

パウル・ティリッヒ〈1〉生涯 (1979年)

パウル・ティリッヒ〈1〉生涯 (1979年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


パウル・ティリッヒの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵