ピエール・テイヤール・ド・シャルダンとは?

ピエール・テイヤール・ド・シャルダン(Pierre Teilhard de Chardin,1881年5月1日 - 1955年4月10日)は、フランス人のカトリック教会 カトリック司祭(イエズス会士)で、古生物学者・地質学者、カトリック思想家である。主著『現象としての人間』で、キリスト教的進化論を提唱し、二十世紀の思想界に大きな影響を与える。北京原人の発見と研究でも知られる。
テイヤールは、1881年、フランスのオーヴェルニュ地域圏 オーヴェルニュ地方に生まれた。この地方は火山性地質で、テイヤールの地質学や古生物学への関心は少年時代に育まれた。1899年、イエズス会の修練院に入り、修練士として学ぶが、修道会がフランスより追放されたことで、ジャージー島へと移動し哲学を学ぶ。その後、物理学・化学の教師として、エジプト・カイロ (エジプト) カイロのイエズス会高等学校に派遣され、エジプトで教師として勤務しつつ、発掘調査などを個人で行う。

ピエール・テイヤール・ド・シャルダンの詳細

ピエール・テイヤール・ド・シャルダン人気商品

神のくに・宇宙讃歌

神のくに・宇宙讃歌

価格:在庫切れ
オススメ度:

愛について

愛について

価格:在庫切れ
オススメ度:

現象としての人間

現象としての人間

価格:在庫切れ
オススメ度:


ピエール・テイヤール・ド・シャルダンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵