ルドルフ・カール・ブルトマンとは?

ルドルフ・カール・ブルトマン(Rudolf Karl Bultmann, 1884年8月20日 - 1976年7月30日 )は、20世紀を代表するドイツの新約聖書学者。
新約聖書の史的・批判的研究に一時代を築くとともに、非神話化(非神話論化)という聖書解釈の方法論を提唱し、キリスト教内外に様々な議論を引き起こした。
20世紀の初頭のドイツで、カール・フォン・ミュラー、ヘルマン・グンケル、アドルフ・フォン・ハルナック、アドルフ・ユーリッヒハー、ヨハネス・ヴァイスらに師事し、新約聖書学を学ぶ。1921年マールブルク大学新約学正教授となり、1951年まで一貫してマールブルク・アン・デア・ラーン マールブルクで教鞭をとる。

ルドルフ・カール・ブルトマンの詳細

ルドルフ・カール・ブルトマン人気商品

ブルトマン著作集 (1)

ブルトマン著作集 (1)

価格:¥ 5,460
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

ブルトマン著作集 (2)

ブルトマン著作集 (2)

価格:在庫切れ
オススメ度:


ルドルフ・カール・ブルトマンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵