アレクシウス・マイノングとは?

アレクシウス・マイノング(Alexius Meinong 1853年7月17日 - 1920年11月27日)は、オーストリアの哲学者・心理学者。フランツ・ブレンターノに影響され、対象論)”Gegenstandstheorie”)という立場の哲学を表明した。
オーストリアのレンベルクの生まれ(現在:ウクライナ領リヴィフ)。ウィーンで学び、ウィーン大学で哲学者・フランツ・ブレンターノの生徒になる。その後、グラーツ大学の哲学教授に就任、1894年にグラーツ心理学研究所を設立し、実験心理学の学派としてグラーツ学派を形成した。グラーツにて没。57歳。
オーストリアの心理学者 まいのんく あれくしうす
オーストリアの哲学者 まいのんく あれくしうす

アレクシウス・マイノングの詳細

アレクシウス・マイノングの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵