エドムント・フッサールとは?

エドムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール(Edmund Gustav Albrecht Husserl, 1859年4月8日 - 1938年4月27日)は、オーストリアの数学者・哲学者である。
ゲッティンゲン大学、フライブルク大学で教鞭をとる。
初めは数学基礎論の研究者であったが、哲学の側からの諸学問の基礎付けへと関心を移し、全く新しい対象へのアプローチの方法として「現象学」を提唱するに至る。
現象学運動は20世紀哲学の新たな流れとなり、マルティン・ハイデッガー、ジャン=ポール・サルトル、モーリス・メルロー=ポンティらの後継者を生み出し、学問のみならず政治や芸術にまで影響を与えた。
:ライプツィヒ大学で三学期間数学・物理学・天文学・哲学を学ぶ。

エドムント・フッサールの詳細

エドムント・フッサール人気商品

ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 (中公文庫)

ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 (中公文庫)

価格:¥ 1,250
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ブリタニカ草稿 (ちくま学芸文庫)

ブリタニカ草稿 (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 1,365
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

現象学の理念

現象学の理念

価格:¥ 3,360
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


エドムント・フッサールの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵