マックス・シェーラーとは?

マックス・シェーラー(Max Scheler, 1874年8月22日 - 1928年5月19日)はユダヤ系のドイツの哲学者。初期現象学派の一人。
形式倫理学ではなく、独自の現象学的な実質的価値倫理学を説いた。
教え子と性的関係を持ち、妻と離婚して教え子と再婚。さらにまた別の教え子に手を出し、大学教授資格を奪われる。
晩年、カイゼルリンク伯の英知の学校で、「宇宙における人間の位置」と題する講演をし、そこで哲学的人間学という哲学的研究の新分野として提案。ここから、人間学研究のブームがドイツ語圏で始まった。これは、文化人類学とは別の観点のものである。特に、これが受容されたのは、教育学で、教育人間学という名称で、日本でもかなりの浸透を見せた。

マックス・シェーラーの詳細

マックス・シェーラー人気商品

シェーラー著作集 (9)

シェーラー著作集 (9)

価格:在庫切れ
オススメ度:

マックス・シェーラーの時代と思想

マックス・シェーラーの時代と思想

価格:在庫切れ
オススメ度:

人間性の価値を求めて―マックス・シェーラーの倫理思想

人間性の価値を求めて―マックス・シェーラーの倫理思想

価格:¥ 3,360
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


マックス・シェーラーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵