ヤン・パトチカとは?

ヤン・パトチカ(Jan Patočka, 1907年6月1日-1977年3月13日)は、チェコの哲学者。ヤン・パトチュカとも。
東ボヘミアのトゥルノフに生まれる。1928年、パリのソルボンヌ大学に留学。1932年、カレル大学を卒業。ベルリンとフライブルクに留学し、フッサールやハイデッガーに学ぶ。1936年、カレル大学に提出した教授資格請求論文『哲学的問題としての自然的世界』を出版。1939年、ナチスのチェコスロバキア侵攻によって大学が閉鎖され、解職される。1945年、大学に復帰するが、1948年のチェコ共産党のクーデターによって再び解職。1950年からプラハのマサリク研究所司書。1968年の「プラハの春」によって大学に再復帰するが、ソビエト連邦 ソ連の軍事介入によって再び解職。

ヤン・パトチカの詳細

ヤン・パトチカ人気商品

歴史哲学についての異端的論考 歴史哲学についての異端的論考
価格:¥ 4,830
オススメ度:
発売日:通常24時間以内に発送

ヤン・パトチカの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵