アルトゥル・ショーペンハウアーとは?

アルトゥル・ショーペンハウアー (Arthur Schopenhauer, 1788年2月22日 ダンツィヒ - 1860年9月21日 フランクフルト・アム・マイン フランクフルト)は、ドイツの哲学者、作家。世界は自己の表象であり、世界の本質は生きんとする盲目の意志であるとし、19世紀ドイツ哲学界の注目を一身に集めていたゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲルに強力な批判を加えた。主著は『意志と表象としての世界』「Die Welt als Wille und Vorstellung(1819年)。
父は富裕な商人、母(ヨハンナ・ショーペンハウアー)は女流作家。父に伴われて幼少時からヨーロッパ各国を旅行する。17歳のとき、父が死亡。父の遺志に従って商人の見習いを始めたが、学問への情熱を捨てきれず大学へ進学し、ゲッティンゲン大学・イエナ大学で医学・哲学(カント・プラトン)を修める。このころ母の友人であったゲーテとも親交を結ぶが、ゲーテが「彼はいずれ大成するよ」と言ったことから、(一家に偉人は一人しか出ないと考えていた)母との仲が険悪化した。1819年、『意志と表象としての世界』を完成、ベルリン大学講師の地位を得るが、当時ベルリン大学正教授であったヘーゲルの人気に抗することができず辞職。長い間の不遇の時期を経て、晩年にようやく認められはじめ、エドゥアルト・フォン・ハルトマン、フリードリヒ・ニーチェ ニーチェ、リヒャルト・ワーグナー ヴァーグナー、レフ・トルストイ トルストイ、ジークムント・フロイト フロイト、マルセル・プルースト プルースト、トーマス・マン、エルンスト・ユンガー、アンリ・ベルクソン ベルクソン、ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン ヴィトゲンシュタイン、ユング、アンドレ・ジッド ジッド、アルベルト・アインシュタイン アインシュタイン、森鴎外といった、19世紀後半から20世紀にかけて活躍した多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与えた。

アルトゥル・ショーペンハウアーの詳細

アルトゥル・ショーペンハウアー人気商品

幸福について―人生論

幸福について―人生論

価格:¥ 540
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ショーペンハウアー哲学の再構築―『充足根拠律の4方向に分…

ショーペンハウアー哲学の再構築―『充足根拠律の4方向に分…

価格:¥ 3,465
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

天才と才人―ウィトゲンシュタインへのショーペンハウアー…

天才と才人―ウィトゲンシュタインへのショーペンハウアー…

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


アルトゥル・ショーペンハウアーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵