エドゥアルト・フォン・ハルトマンとは?

エドゥアルト・フォン・ハルトマン (Karl Robert Eduard von Hartmann, 1842年2月23日-1906年6月5日)はドイツの哲学者。生の哲学や新カント派などに影響を与えた。
将軍である軍人の息子としてベルリンに生まれる。1858年に砲兵連隊の近衛隊に入隊し、軍人として活動していた。しかし1865年に膝に問題を抱えて、除隊。その後、音楽と哲学のどちらを職業とするかで迷ったが、哲学で生きていくことを決め、1867年にロストク大学にて博士号取得。その後、ベルリン戻り、膝の持病が悪化し、痛みと闘いながらほとんどベットの上で執筆活動を行う。特にこれといった職に就くことなく生涯を終えた。
ハルトマンは22歳のとき、思考し成果を残すことが自身の天命であると考えていた。1864年から「無計画」に書き記していた文章を、1869年に『無意識の哲学』というタイトルで発表し、一躍、注目を浴びる。ハルトマンは、ヘーゲルから形而上学的理念を、ショーペンハウアーから盲目的意志をとって総合し、自身の哲学の立場を「無意識者」として掲げた。(さらに言えば、スピノザの実体、フィヒテの絶対的自我、ヘーゲルの理念などもこの体系に含まれている)。この「意志と表象」は、止揚された一元論である。

エドゥアルト・フォン・ハルトマンの詳細

エドゥアルト・フォン・ハルトマンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵