ゲオルク・ジンメルとは?

ゲオルク・ジンメル(Georg Simmel, 1858年3月1日 ベルリン - 1918年9月28日 ストラスブール)は、ドイツの社会学者、哲学者。ユダヤ人(キリスト教徒)。ベルリンで歴史学、民族心理学(Völkerpsychologie)、哲学を学んだ。形式社会学の祖と言われる。
M・ウェーバーの後援を受け、1885年ベルリン大学で哲学私講師になるも昇任の機会に恵まれず、1911年フライブルク大学から名誉博士号を受け、1914年シュトラスブルク大学(現ストラスブール大学)教授になる。ベルリン大学では、彼と並んでディルタイが教授で在任。昇任には、その存在が支障になったとも言われる。著書に、『貨幣の哲学』(Philosophie des Geldes、1900年)など。

ゲオルク・ジンメルの詳細

ゲオルク・ジンメル人気商品

愛の断想 日々の断想 (岩波文庫)

愛の断想 日々の断想 (岩波文庫)

価格:¥ 525
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ジンメル・コレクション (ちくま学芸文庫)

ジンメル・コレクション (ちくま学芸文庫)

価格:¥ 1,155
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ジンメル・つながりの哲学 (NHKブックス)

ジンメル・つながりの哲学 (NHKブックス)

価格:¥ 1,019
オススメ度:
通常4~5日以内に発送


ゲオルク・ジンメルの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵