アレクサンドル・ゲルツェンとは?

アレクサンドル・イヴァノヴィッチ・ゲルツェン(Алекса́ндр Ива́нович Ге́рцен, Aleksandr Ivanovich Gertsen 西ヨーロッパでは Herzen、筆名Iskander,1812年4月6日-1870年1月21日)は、ロシアの文学者・思想家。
富裕な地主とドイツ婦人との間に生まれた。1829年から1833年にモスクワ大学・物理数学科に学び、後の詩人オガリョーフとともにサン=シモン主義を信奉する学生グループを組織した。卒業の翌年に逮捕され流刑になり、1840年からペテルブルクに住んでベリンスキー・バクーニンらと交わり、ヘーゲル哲学の研究に没頭した。1841年再びノヴゴロドに流刑になり、一年後モスクワに移って小説『誰の罪か?1846-47年』『ドクトル・クルーポフ 1847年』『どろぼうのカササギ 1848年』、哲学論文『科学におけるディレッタンティズム 1843年』『自然研究に関する書簡 1845-46年』などを発表し、当時のロシア文壇・思想界の中心人物となる。ベリンスキーとともに〈西欧主義者〉としてスラブ派と論争した。1847年に国外を旅行し、1848年のフランス1848年革命 二月革命を目撃し、西ヨーロッパ社会への深い幻滅にとらえられる。1853年から1865年にはロンドンに住み、〈自由ロシア印刷所〉を設立し、文集『北極星』、隔週刊誌『鐘 Kolokol』を創刊し、これらはロシア国内に送られ地下出版物として左翼の著作家たちを育てた。同時に回想録『過去と思索 Былое и думы』の執筆に着手し、およそ十五年間書き続けた。晩年はロンドンを去って、ヨーロッパ各地に滞在したのち、パリに没しニースに埋葬された。

アレクサンドル・ゲルツェンの詳細

アレクサンドル・ゲルツェン人気商品

ロシヤにおける革命思想の発達について (岩波文庫)

ロシヤにおける革命思想の発達について (岩波文庫)

価格:¥ 735
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

過去と思索〈2〉

過去と思索〈2〉

価格:在庫切れ
オススメ度:

過去と思索 (1)

過去と思索 (1)

価格:在庫切れ
オススメ度:


アレクサンドル・ゲルツェンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵