エドゥアルト・ベルンシュタインとは?

ベルンシュタインは1850年1月6日ベルリンに生まれる。1872年、アイゼナッハ派の党員となる。1875年には、アウグスト・ベーベル、ヴィルヘルム・リープクネヒトらとともにアイゼナッハ派とラサール派との合同を決定したゴータ大会を準備。
1878年、社会主義者鎮圧法が成立すると、スイスのチューリッヒに亡命し、社会民主党の後援者であるカール・ヘヒベルクの秘書となる。1888年、プロイセンの圧力を受けたスイス政府からの国外退去命令により、ロンドンに亡命し、このころ同じくロンドンに亡命していたフリードリヒ・エンゲルスに接近。
1901年、社会主義者鎮圧法の廃止により、ドイツに帰国。1903年、ドレスデン党大会で修正主義否認が決議され、ベルンシュタインは公式に敗北するが、運動面では根強い支持を得つづけた。1902年から1918年まで帝国議会議員を務める。1913年、社会民主党左派のメンバーとともに軍事力増強法案に反対票を投じる。1917年、カール・カウツキーとともに独立社会民主党(USPD)に参加し、第一次世界大戦が終わり、1919年、社会民主党(SPD)に復帰。1920年から1928年までヴァイマル共和国議会議員を務める。1921年、ゲルリッツ綱領の起草に携わる。

エドゥアルト・ベルンシュタインの詳細

エドゥアルト・ベルンシュタイン人気商品

ベルンシュタイン―亡命と世紀末の思想 ベルンシュタイン―亡命と世紀末の思想
価格:¥ 3,780
オススメ度:
発売日:通常3~5週間以内に発送

エドゥアルト・ベルンシュタインの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵