シャルル・フーリエとは?

フランソワ・マリー・シャルル・フーリエ(Francois Marie Charles Fourier、1772年4月7日-1837年10月10日)は、フランスの社会思想家。「空想的社会主義 空想的社会主義者」を代表する一人。
1772年、フーリエはブザンソンで裕福な商人の家に3人の姉を持つ一人息子として生まれる。彼は幼年時代に「嘘をつくことを神聖視する商業」そのものを嫌ったと言われている。しかしながら、彼が9歳の時に父を亡くし、彼は家業を継ぐためにヨーロッパを移り歩く徒弟修業を強いられる。
当時のフランス第二の都市であったリヨンに落ち着くが、1793年のリヨン包囲の混乱に巻き込まれ、投獄されたあげくに相続財産の多くを失うことになる。このときの悲惨な体験が後の思想につながっていると言われ、彼は以来、政治革命に対し根強い不信感を抱くようになる。

シャルル・フーリエの詳細

シャルル・フーリエ人気商品

愛の新世界

愛の新世界

価格:¥ 8,190
オススメ度:
通常24時間以内に発送

四運動の理論〈上〉 (古典文庫)

四運動の理論〈上〉 (古典文庫)

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常24時間以内に発送

四運動の理論〈下〉 (古典文庫)

四運動の理論〈下〉 (古典文庫)

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


シャルル・フーリエの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵