フランツ・メーリングとは?

フランツ・メーリング(Franz Mehring, 1846年2月27日-1919年1月28日)ドイツのマルクス主義者、歴史家、文芸史家、評論家。
ポンメルンのシュラーヴェ Schlawe (現在ポーランド・スワヴノ :en:Sławno Sławno)にプロイセン軍人の子として生まれ、1866年から1870年にライプツィヒ大学とベルリン大学で言語学・古ギリシア語文法・古イタリア語比較文法・新聞学・史学を学んだ。在学中から新聞記者として議会記事を書くうちに労働者運動に親しみ、1881年から《ベルリン人民新聞》によりオットー・フォン・ビスマルクの社会主義者取締法廃止のための論陣を張り、同時にマルクスとエンゲルスの著作を徹底的に研究する。1891年に社会民主党に入党しその機関紙《新時代 Neue Zeit》、さらに《ライプツィヒ新聞 Leipziger Volkszeitung》を編集した。1902年~1907年にかけて中央機関紙《前進 Vorwärts》にあらわれた修正主義の傾向に抗争している。

フランツ・メーリングの詳細

フランツ・メーリング人気商品

マルクス伝 1 (1)

マルクス伝 1 (1)

価格:在庫切れ
オススメ度:

マルクス伝 2 (2)

マルクス伝 2 (2)

価格:在庫切れ
オススメ度:

マルクス伝 3 (3)

マルクス伝 3 (3)

価格:在庫切れ
オススメ度:


フランツ・メーリングの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵