フリードリヒ・エンゲルスとは?

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels, 1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツ出身のジャーナリスト、共産主義者。カール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築、プロレタリアート 労働者階級の歴史的使命を明らかにし、労働者階級の革命による資本主義の廃絶、資本主義がもたらした発達した生産力の継承、共産主義社会の構築による人類の持続的発展を構想し、世界の労働運動、革命運動の発展に指導的な役割を果たした。
エンゲルスは紡績産業で成功を収めたドイツ人経営者の長男として、バルメン・エルバーフェルト(現在のヴッパータール)に生まれた。青年期は、学問が優秀でありながら、書斎に引きこもることを好まない、活発で、社交的で、好奇心の旺盛な青年であった。エンゲルスは、封建的遺習の残る地域社会に反発を覚えながらも、兄弟と、特に母に対しては終生愛情を持ち続けた。

フリードリヒ・エンゲルスの詳細

フリードリヒ・エンゲルス人気商品

自然の弁証法 (1)

自然の弁証法 (1)

価格:在庫切れ
オススメ度:

家族、私有財産および国家の起源

家族、私有財産および国家の起源

価格:在庫切れ
オススメ度:


フリードリヒ・エンゲルスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵